有限会社 アイ・エス建築企画

三重県四日市市、店舗・動物病院など商業デザインやエコ・
省エネ住宅の建築設計事務所|アイ・エス建築企画

HOME»  エコ住宅の設計

住宅の設計について

プロローグ

マイホームを建てるとなって、まず考えることって何ですか。部屋数、日当たり、掃除がおこないやすい、プライバシー、キッチン、リビングダイニング、予算、環境、省エネ・・・。人それぞれかもしれませんが、住み心地のよい家がほしいですよね。住み心地って何でしょう。

気温25度 湿度50パーセント、建物内の温度の均一性、等温度環境からいえば、一年を通して均質な環境がよいことになります。しかし、日本には四季があり、また、地域によってそれぞれ異なる気候が存在します。最近は、地球温暖化といわれるように全国どこでも夏は猛暑になり、冬は暖冬かと思えば突然の大雪、季節はずれの台風と天気もよくわかりません。それでも快適に暮らすには、昔からの生活の知恵や現代の建築、産業の最新技術を使っていろいろな方策が考えられます。

人には、個人差や好き嫌いがありますので、万人に適した住宅というのは難しいかと思います。いくつかの方法、工法、手法の中から自分に適したものを選び、自分に合った終(つい)のすみかを見つけてはいかがでしょうか。

 

プロローグ

 

均質な環境をつくる

近年、住宅では高断熱、高気密がひとつの流れとなっています。
兼好法師の「徒然草」でも出てくるように、元来日本の住宅は隙間風が当たり前でした。「高断熱・高気密」の技術は、北海道を中心とした寒冷地で発達したといえます。
しかし、内部の温度を均一に保つためには、エネルギー効率からいうと、冬だけでなく夏も外からの熱を遮断することが非常に有効です。いってみれば魔法瓶の中に住んでいると考えればよくわかるでしょう。夏の冷たい飲み物や冬の暖かい飲み物を入れているのと同じで外気に影響されづらく冷めにくいということです。
しかし、中の飲み物が冷たかったり、温かかったりするのは、家で言えば冷暖房ということになります。ですから家中全館冷暖房する、セントラルヒーティング等を使った家では、高断熱・高気密にすることで、最適の温度環境を1年中保つことが出来ることになります。
しかし、日本の住宅でセントラルを用いるのはよほどの大邸宅か狭小住宅で吹抜け等を使ったワンルーム形式の住宅に限られます。それでは、どうすれば省エネで快適な環境を保った家になるのでしょうか。
方法はいくつか考えられますが、それも中に入る人間の感じ方によって異なります。四季を感じ、開放的で多少の暑さ寒さは、自然のものと考える方は、昔からの考え方ではありますが、風の通る方向を考え、太陽の角度を考え窓や庇によってパッシブな手法を取り入れて設計すべきでしょうし、先に述べたような均質な温度環境を好む方は、24時間空調しても省エネになるように、外断熱、躯体蓄熱、夜間電力の使用といった技術的方法を設計に取り組むことにより、空調しながらも使用するエネルギーを最小限にすることを考えます。

 

均質な環境をつくる

 

例に挙げた2つは両極端ですが、どちらの案も断熱、気密をしっかりして計画的に風や光、熱といったものを取り込む、又は遮断するという点は共通しています。そういった意味で高断熱・高気密は基本となります。

 

人にやさしい家、地球にやさしい家

快適な家とは何か」について話してきましたが、温度環境以外にも人が快適と感じる要因には、視覚、聴覚、臭覚、触覚に関するものがあります。

建物内外の緑、静かな環境、香りや臭気、肌触りや雰囲気といった生活の中の様々な要因が快適を生むのです。これらの総合的な効果で人は快適と感じ、住み心地のよい家が出来上がるのです。
そしてこれからは世間で言わるように、自分のことだけでなく地球環境についても考えてみる時期かもしれません。少なからず近い将来、自分や自分の子供たちに跳ね返ってくるのですから。

 

人にやさしい家、地球にやさしい家

 

ただ、どこかのコマーシャルではありませんが、快適を我慢するのではなく、環境や省エネを考え、より健康的で快適な生活を営めるように、知恵や技術であたらしい生活を手に入れるのです。それこそが、私の考える「人にやさしい家、地球にやさしい家」です。

それでは、そのためのいくつかある手法とその特長について少し紹介しましょう。

 

1.断熱について(断熱と気密)
2.窓廻りについて(断熱サッシと硝子)
3.換気について(機械換気と自然換気)
4.遮光と通気
5.躯体蓄熱
6.太陽光エネルギー
7.風エネルギー
8.雨水利用と屋上緑化
9.自然素材

上記に挙げた項目は、大きく3つに分類できます。

A.化石燃料エネルギーに替わるエネルギーの使用
B.省エネ、エネルギーロスの軽減
C.資源の再利用

それぞれの方法は、同時に実現可能なものもあれば、この中から示唆選択しなければならないものもありますが、選択の根拠となるのは、そこに住む人の「生活スタイルに合うか?」「気持ちよく過ごせるか?」です。そこで、自分の、または家族の生活を思い起こして、自分たちにあったやり方で、ずっと永く付き合っていける家づくりを考えてみてはどうでしょうか。それが「人にやさしい家、地球にやさしい家」をつくる方法だと私は考えており、また、そのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 

人と家が健康であるために

人が健康であるためには当然その人が住む家が健康でなくてはいけません。では、家の健康とは何でしょう。家にも人と同じように骨、肉、皮膚があります。

 

人と家が健康であるために

 

基礎

家の骨にあたるものが、一般に構造体と呼ばれる基礎であり、土台や柱、梁といった軸組です。基礎は家を建てる一番最初に施工される基本となる部分であり、その基礎が作られる地盤がさらに重要になります。出来れば、家を建てる前にその敷地は以前どういった形状をしていたのか、何だったのかを調べるのがよいでしょう。その上で地質調査を行い、その土地にあった基礎形状を選定します。土地が軟弱だった場合は、杭や地盤改良といった措置が必要となります。基礎は、その上に土台、柱、壁、床が出来上がる基本となる部分です。基礎が、割れたり、沈んだりしては取り返しが付きません。また、設備配管等は基礎下には入れないようにしましょう。

 

軸組

軸組で重要になるのがその接合方法です。現在の木造在来工法はほとんど金物と呼ばれる金属のプレートやボルトや釘のたぐいで接続されています。金物は、開発が進み、新しいものもいろいろ出ていますが、柱や梁といった木材に無理なく仕様書通りに適切に施工されているかが大切です。
骨がしっかりしたら、次は肉です。肉にあたる部分は外壁の下地であり、その中に入る断熱材です。断熱は、最近外断熱が流行ですが、一般に木造では中断熱が主流です。このとき注意しなければいけないのが結露です。結露というと冬場の窓ガラスに付く水滴を思い浮かべるかと思いますが、同じことが壁内部で起こっているのです。結露は、柱や土台を腐らせ、建物を内部から傷めます。結露を起こさないようにするには、壁の構造を考える必要があります。

 

外壁

そして、皮膚にあたる部分が外壁です。最近の木造住宅では、サイディングと呼ばれるパネルを使ったものが多いですが、何か味気なく感じてしまうのは私だけでしょうか。サイディングも年々進化し、汚れの付きにくいものや限りなく質感が本物に近いものもありますが、どうしても偽物と感じてしまいます。
どうせならばサイディングらしく、もっとシンプルなものを選べばよいのではないか、と思うのです。出来れば、塗壁にしてもタイルにしても質感のあるもので、汚れが付きづらく年とともに風合いの出るものがよいと私は思っています。風合いと汚れ、難しいところですが・・・。

そして人の健康に直接かかわるのが建物内部です。「シックハウス症候群」が問題になり平成15年7月にシックハウス対策に関する法改正があって以来、一般にF☆☆☆☆と呼ばれる建材が増え、当たり前になってきました。

 

外壁

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問など

 

有限会社アイ・エス建築企画

一級建築士事務所 三重県知事登録(1)1384号
〒510-0062 三重県四日市市北浜田町1-22 ベース浜田202号室
 

ご依頼・お見積り・ご質問など